サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

IPA緊急会見|頻発する大規模サイバー攻撃に対して



画像:IPA/独立行政法人情報処理推進機構より

[PR]さらに詳しく知りたい方はメルマガ登録!情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

2017年5月14日(日)、独立行政法人情報処理推進機構(以下IPA)は、13日(土)以降世界各地に広がっている大規模サイバー攻撃に関して、緊急の記者会見を行いました。

今回問題となっているサイバー攻撃は、マイクロソフト社の「Windows」を標的としたもので、ファイルを暗号化し利用できなくすることで金銭を要求する「ランサムウェア」と呼ばれる攻撃手法です。

原因として、欧米の主要メディアでは、アメリカの情報機関NSAの技術が、ハッカーにより盗まれ悪用された可能性が高いとされています。

確認されているだけでも、被害は中国・フランス・インドネシア・ロシア・イギリス等世界中に広がっており、かつてない規模のサイバー攻撃であると報道がなされています。

IPA緊急記者会見の内容

この様な世界的状況を受け、14日(日)にIPAが緊急の記者会見を開きました。以下は、会見で伝えられた内容をまとめたものです。

  • IPAに対し、サイバー攻撃を受けたとの情報は今のところ上がってきていない。※週末のため
  • 明日15日以降、重要インフラについて情報収集の実施を行っていく。
  • 政府としては今のところ意見交換を行い各所で対応をとっていく予定。
  • 週明けはいつも以上にメールの添付ファイルやURLに注意するように。
  • 修正プログラムを実施。
  • ウィルス対策ソフトのアップデートを確認。
  • 感染時の対応はIPA情報セキュリティあんしん対応窓口へ。
  • JPCERT/CCでもインシデント対応は可能。

IPA会見文字起こし/togetherより引用

<参考>
大規模サイバー攻撃 米開発の技術盗まれ悪用か/NHK NEWS WEB
IPA会見文字起こし/together

[PR]さらに詳しく知りたい方はメルマガ登録!情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。