画像:警視庁ホームページより

2017年4月28日(金)、警視庁のホームページが一時閲覧できない状態となりました。
同庁公安部のサイバー攻撃対策センターによると、大量のデータを送り付けサイトの接続を困難とする「DDoS攻撃」が行われたと見ています。

同庁ホームページが閲覧不可状態となったのは、2017年4月28日(金)午後1時20分頃。同庁で対策が行われ、約4時間半後の午後5時45分には復旧しています。サイト内の改ざんや、情報の流出等は確認されていません。

同庁では、威力業務某会容疑を視野に入れ、調査を行っているとのことです。

<参照>
警視庁ホームページ閲覧障害の発生について/警視庁
警視庁ホームページにサイバー攻撃か 一時閲覧できず/朝日新聞DIGITAL
警視庁HPの障害、4時間半で復旧 サイバー攻撃か /日本経済新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?