大阪硝子工業会WEBサイト改ざん、閲覧者にウィルス感染の恐れ

2017年3月24日、一般社団法人大阪硝子工業会は、同会WEBサイトの一部が改ざんされ、トロイの木馬とみられるウィルス感染が判明したと公表しました。

改ざんが行われていた期間は、2016年2月6日~2017年3月10日で、この間該当のページを閲覧したユーザーに関してもウィルス感染の可能性があると注意喚起を行っています。

同会WEBサイトは既にセキュリティ対策を施した新しいサーバに変更しており、サイト内の全てのコンテンツを確認し新たに更新を行ったとしています。

運営事務局所感

この事件に関しては、改ざんが行われていた期間は1年以上と長期にわたっており、日常的な監視が十分に行われていなかったことが露呈されました。

また、対象期間に改ざんされたWEBページを閲覧したユーザーの特定は難しいため、ウィルス感染を防ぐ方法としてはユーザー個人のセキュリティ対策に依存している点が大きな問題です。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?