ピストバイク専門店DINER、不正アクセスにより顧客情報298件流出

画像:DINERより

2017年3月31日、ピストバイク専門ショップを運営する株式会社ダイナーは、オンラインサイトにおいて不正アクセスが発生し、過去に同サイトから商品を購入した顧客の個人情報及びクレジットカード情報が流出したとの発表を行いました。

事件の経緯

2016年12月27日 システム運用会社より情報流出の懸念
2016年12月28日 クレジットカード決済を停止
2017年1月4日 第三者調査機関にて調査開始
2017年2月23日 調査報告を受け、連携会社との対応協議

流出した情報

  • 氏名(カード会員名)
  • 住所
  • クレジットカード番号
  • 有効期限

2015年3月1日~2016年12月28日の期間、同サイトにてクレジットカード決済を行った298名が対象。

今後の対応

同社ではこれまでに下記対応を行っています。

  • サイトのカード利用停止
  • クレジットカードの不正モニタリングの強化
  • 第三者機関による調査
  • 所轄警察への報告および相談
  • 所轄官庁への報告
  • お客様窓口の設置

現在クレジットカード決済システムを停止していますが、安全性の高いECシステムを導入後再開の予定とのことです。

<参照>
お詫び申し上げます/株式会社ダイナー

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?