画像:iCloud/Apple(日本)より

2017年3月22日、「Turkish Crime Family(トルコ犯罪ファミリー)」を名乗るハッカーグループが、彼らが取得したiCloudのアカウント情報を人質にAppleへ身代金を要求しました。

ハッカーグループの要求は、仮想通貨で7万5000ドル(約840万円)もしくは、iTunesギフトカード10万ドル(約1100万円)としており、期日は2017年4月7日です。Appleがこれまでに支払いに応じなければ、2億件のアカウントに対し強制リセットを実行すると通告しています。

この情報に対し、Apple社はシステムがハッキング被害に遭った事実は無いと否定しています。

アカウントハッキングへの対策は

各種Webサービスのアカウント(ユーザー)情報を基に攻撃を仕掛ける「パスワードリスト攻撃」は世界的に増加しています。

あるサービスから漏れた顧客情報は、その後犯罪者のマーケット等で転売が繰り返されますが、ユーザーの設定したログインIDやパスワードが使い回しだった場合、悪用される可能性は高まってしまうのです。

サイト・サービス毎に解読が難しいとされるパスワードを設定することは必須ですが、現実的に管理が困難な場合は、専用のツールを使用するなどの対策が求められます。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?