2017年3月2日、韓国ロッテ免税店のサイトがDoS攻撃を受け、一時サービス停止を余儀なくされました。韓国は、現在原因を調査中としているが、中国による犯行ではないかとの見方が強まっています。

ロッテは、米軍に対し迎撃ミサイル用地の提供を決めており、これに対し中国が強く反発していることが影響していると考えられます。

事件概要

2017年3月1日夜、ロッテは大量のデータを送信するDoS攻撃を確認。2日にはこの攻撃により、免税店の販売サイトが一時的にダウンしてしまいました。

事件の背景として考えられている迎撃ミサイル用地の提供は、2017年2月にロッテが韓国国防相と契約を結んだものです。契約以降、中国当局はロッテに対し対抗措置を行っている上、中国人による不買運動なども確認されており、二国間の緊張が高まっていることが伺えます。

<参照>
韓国のロッテ免税店にサイバー攻撃 中国の報復か /日本経済新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事