サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ネットワークカメラに脆弱性、偽情報の表示や遠隔コマンド実行の恐れ



画像:株式会社アイ・オー・データ機器HPより

2017年3月2日、スマホ・TV・PC周辺機器総合メーカーである株式会社アイ・オー・データ機器は、提供するネットワークカメラ製品において複数の脆弱性を確認したとの発表を行いました。

対象製品を利用中のユーザーに対し、最新のファームウェアへ更新を呼びかけています。

事件詳細

脆弱性が確認された製品は下記です。

  • TS-WPTCAM
  • TS-WPTCAM2
  • TS-WLCE
  • TS-WLC2
  • TS-PTCAM
  • TS-PTCAM/POE

※全製品が最新ファームウェア(Ver.1.19)で対策済みとなっています。

これら、6製品において3つの脆弱性が確認されています。

  • CVE-2017-2111
  • CVE-2017-2112
  • CVE-2017-2113

脆弱性により起こり得る影響としては、HTTPレスポンス分割攻撃によって、当該製品にログインしているユーザーのウェブブラウザ上で偽の情報が表示される可能性や、遠隔の第三者によって、当該製品上で任意のOSコマンドを実行されることが考えられます。

<参照>
弊社ネットワークカメラにおける複数の脆弱性について/アイ・オー・データ


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。