画像:株式会社アイ・オー・データ機器HPより

2017年3月2日、スマホ・TV・PC周辺機器総合メーカーである株式会社アイ・オー・データ機器は、提供するネットワークカメラ製品において複数の脆弱性を確認したとの発表を行いました。

対象製品を利用中のユーザーに対し、最新のファームウェアへ更新を呼びかけています。

事件詳細

脆弱性が確認された製品は下記です。

  • TS-WPTCAM
  • TS-WPTCAM2
  • TS-WLCE
  • TS-WLC2
  • TS-PTCAM
  • TS-PTCAM/POE

※全製品が最新ファームウェア(Ver.1.19)で対策済みとなっています。

これら、6製品において3つの脆弱性が確認されています。

  • CVE-2017-2111
  • CVE-2017-2112
  • CVE-2017-2113

脆弱性により起こり得る影響としては、HTTPレスポンス分割攻撃によって、当該製品にログインしているユーザーのウェブブラウザ上で偽の情報が表示される可能性や、遠隔の第三者によって、当該製品上で任意のOSコマンドを実行されることが考えられます。

<参照>
弊社ネットワークカメラにおける複数の脆弱性について/アイ・オー・データ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事