画像:株式会社アイ・オー・データ機器HPより

2017年3月2日、スマホ・TV・PC周辺機器総合メーカーである株式会社アイ・オー・データ機器は、提供するネットワークカメラ製品において複数の脆弱性を確認したとの発表を行いました。

対象製品を利用中のユーザーに対し、最新のファームウェアへ更新を呼びかけています。

事件詳細

脆弱性が確認された製品は下記です。

  • TS-WPTCAM
  • TS-WPTCAM2
  • TS-WLCE
  • TS-WLC2
  • TS-PTCAM
  • TS-PTCAM/POE

※全製品が最新ファームウェア(Ver.1.19)で対策済みとなっています。

これら、6製品において3つの脆弱性が確認されています。

  • CVE-2017-2111
  • CVE-2017-2112
  • CVE-2017-2113

脆弱性により起こり得る影響としては、HTTPレスポンス分割攻撃によって、当該製品にログインしているユーザーのウェブブラウザ上で偽の情報が表示される可能性や、遠隔の第三者によって、当該製品上で任意のOSコマンドを実行されることが考えられます。

<参照>
弊社ネットワークカメラにおける複数の脆弱性について/アイ・オー・データ

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。