2017年3月2日、熊本県警は札幌市の高校生を含む3名を不正アクセス禁止法違反などの疑いで書類送検したと公表しました。

彼らは人気ゲーム「マインクラフト」を介して知り合い、被害者である熊本県の中学生は、同ゲームの有料登録代行を高校生らに依頼したとのこと。

依頼時のやりとりに関する不満から、高校生らは被害者から聞いていたID・パスワードを悪用し、不正にサーバへアクセスし、467万円の契約を勝手に行ったとされています。

また、今回書類送検された相模原市の少年に関しては、被害者のID・パスワードをスカイプ上に後悔した疑いもあるようです。

<参照>
サーバに不正アクセスした容疑 高校生3人を書類送検/朝日新聞DIGITAL

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事