2017年3月2日、熊本県警は札幌市の高校生を含む3名を不正アクセス禁止法違反などの疑いで書類送検したと公表しました。

彼らは人気ゲーム「マインクラフト」を介して知り合い、被害者である熊本県の中学生は、同ゲームの有料登録代行を高校生らに依頼したとのこと。

依頼時のやりとりに関する不満から、高校生らは被害者から聞いていたID・パスワードを悪用し、不正にサーバへアクセスし、467万円の契約を勝手に行ったとされています。

また、今回書類送検された相模原市の少年に関しては、被害者のID・パスワードをスカイプ上に後悔した疑いもあるようです。

<参照>
サーバに不正アクセスした容疑 高校生3人を書類送検/朝日新聞DIGITAL

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。