サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Google Playの偽サイトを確認、日本語SMSで誘導する「スミッシング」が急増中



2017年2月16日、トレンドマイクロは、2017年1月から被害が増加しているフィッシング詐欺事例において、携帯電話のテキストメッセージ(SMS)からGoogle Playを模したフィッシングサイトへ誘導する「スミッシング」を確認したとの発表を行いました。
※スミッシングとは「SMS」と「Phishing」を合わせた造語です。

被害詳細

今回確認されているものでは、SMSで下記の様な文面が届きます。

Googleより
GooglePlayアカウントのお支払方法登録のお願いです。
詳細はURLをクリック
http://

誘導先のサイトは、Google Playを模した作りとなっており、ユーザー情報の入力を求められます。

  • GoogleアカウントID
  • Googleパスワード
  • クレジットカード情報

事件から考えられること

まず、GoogleやApple、マイクロソフト、Amazonなど、複数のサービスと連携する認証情報は、攻撃者の標的となりやすいものですので、十分な注意が必要です。具体的には、誘導先として記載されているURLのドメイン等を確認するようにしましょう。

そして、スミッシングでは、SMSを用いていることから、そのターゲットは「モバイルユーザー」に限定されていることが分かります。これまで一般的であったフィッシングメールにも共通して言えることですが、偽サイトへ誘導するためのメール本文にある文言は、以前に比べかなり“自然な文章”となっており、攻撃者は日本を狙った組織的グループだと考えられています。

<参照>
「Google Play」の日本語フィッシングサイト事例、SMSでの誘導を確認/トレンドマイクロセキュリティブログ


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。