2017年2月16日、トレンドマイクロは、2017年1月から被害が増加しているフィッシング詐欺事例において、携帯電話のテキストメッセージ(SMS)からGoogle Playを模したフィッシングサイトへ誘導する「スミッシング」を確認したとの発表を行いました。
※スミッシングとは「SMS」と「Phishing」を合わせた造語です。

被害詳細

今回確認されているものでは、SMSで下記の様な文面が届きます。

Googleより
GooglePlayアカウントのお支払方法登録のお願いです。
詳細はURLをクリック
http://

誘導先のサイトは、Google Playを模した作りとなっており、ユーザー情報の入力を求められます。

  • GoogleアカウントID
  • Googleパスワード
  • クレジットカード情報

事件から考えられること

まず、GoogleやApple、マイクロソフト、Amazonなど、複数のサービスと連携する認証情報は、攻撃者の標的となりやすいものですので、十分な注意が必要です。具体的には、誘導先として記載されているURLのドメイン等を確認するようにしましょう。

そして、スミッシングでは、SMSを用いていることから、そのターゲットは「モバイルユーザー」に限定されていることが分かります。これまで一般的であったフィッシングメールにも共通して言えることですが、偽サイトへ誘導するためのメール本文にある文言は、以前に比べかなり“自然な文章”となっており、攻撃者は日本を狙った組織的グループだと考えられています。

<参照>
「Google Play」の日本語フィッシングサイト事例、SMSでの誘導を確認/トレンドマイクロセキュリティブログ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事