2017年1月31日、埼玉県立循環器・呼吸器病センターは、患者情報約3600件を含むUSBメモリが紛失したと公表しました。USBは同センターに所属する医師により施設外へ持ち出され、帰宅途中に紛失したとのことです。

事件概要

2017年1月25日、自宅でデータの整理を行うためUSBを持ち出した医師は、同僚との食事後タクシーに乗った際に鞄を紛失したことに気が付いたとのことです。

現時点で、紛失したデータによる個人情報悪用などの二次被害は報告されていません。

USBに含まれた患者情報

対象

持ち出した医師がこれまでに処置した患者

内容

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 診察券番号
  • 処置年月日
  • 処置の内容
  • 放射線検査画像
  • 担当医師氏名

※住所、電話番号は含まれていない

対策

同センターでは、バックアップデータを基に、紛失に該当する患者の特定作業を進め、対象患者への連絡を行っていくとしています。

また、個人情報管理体制の強化、再発防止策についても同時に進めていくとのことです。

<参照>
個人情報を含むUSBメモリの紛失について/埼玉県立循環器・呼吸器病センター(PDF:101KB)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?