2017年1月24日、ウィルス付きの日本語メールが大量に拡散されているとの注意喚起が、警視庁犯罪抑止対策本部及び広報課の公式twitterにて行われました。今回のウィルス付きメールは、23日頃から確認されているとのことです。

ウィルス付きメール概要

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)の発表によると、今回確認されたウィルス付きメールは、インターネットバンキングマルウェアの感染を意図して日本を標的に大量に送信されているとのことです。

件名・添付ファイルの種類は多数確認されており、どれも共通し開封やてリンク先サイトの閲覧を促す作りとなっています。

<確認された件名>

  • 写真を添付致します
  • 添付致し
  • 事故状況
  • 事故写真です
  • 発注書を作成しましたのでお送りします
  • 送付
  • 取引情報が更新されました
  • 【発注書受信】
  • 備品発注依頼書の送付
  • 依頼書を
  • 送付しますので
  • 発注依頼書
  • (株)発注書
  • 12月報告書を送りますので
  • 2017-2016
  • 12.2016
  • 御請求書
  • キャンセル完了のお知らせ
  • Re:
  • Fwd:

インターネットバンキングマルウェアに感染させるウイルス付メールに注意/JC3より引用

この様な、インターネットバンキングの利用者を狙ったウィルス付きメールは、2016年後半から定期的に確認されているとのこと。特に、火曜日の朝に送信が行われる事例が多いそうです。

<参照>

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?