訪日外国人向け翻訳サービス、不正アクセスにより個人情報不正閲覧の恐れ

画像:OMOTENASHI翻訳HPより

2017年1月17日、Uni-Voice事業企画株式会社は、同社が運営する訪日外国人向け翻訳サービス「OMOTENASHI翻訳」において不正アクセスが発生し、登録されている顧客情報が不正閲覧された可能性があることを公表しました。

事件概要

同社によると、不正アクセスの痕跡が確認されたのは2017年1月5日だったとのことです。

不正閲覧の可能性があるのは、同サービスに登録している顧客の下記情報で、クレジットカード等の信用情報は含まれていないとのことです。

  • メールアドレス
  • 会社名、団体名
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号

同社では、サービスを一時停止し対策を行っているとのことです。

<参考>

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?