大阪府立図書館2度目の不正アクセス、スパムメール22万件の蓄積を確認

画像:大阪府立図書館HPより

2017年1月10日、大阪府立図書館で単独利用しているメールサーバへの不正アクセスが判明し、サーバ内に送信前のスパムメール約22万件を確認したとの発表を行いました。

同館では、2016年11月24日にも不正アクセスが発生しており、より強固なセキュリティ対策を行っていた中での被害となりました。

事件概要

不正アクセス及びスパムメール蓄積は、2017年1月6日(金)午後8自40分に同館職員によって確認され、その後の調査により2016年12月27日よりサーバに対し不正アクセスが発生していたことが分かっています。

スパムメールの詳細は、英文で下記内容が記載されていたとのことです。

総額350万ドルの小切手を寄付するので、その管理料を支払ってほしい。
受領者の連絡先を教えてほしい。
URL:〇〇〇〇

大阪府立図書館におけるメールサーバへの不正アクセスについて/大阪府立図書館HPより引用

同館では、メールが届いてしまった場合は開かないこと、万が一開いてしまってもURLをクリックすることの無いよう呼びかけを行っています。

また、今回の被害で個人情報の漏洩等は確認されていません。

事件を受けて

2016年11月24日に発生した一度目不正アクセス以降、メールサーバのパスワードを変更するなど、セキュリティを強固にしていたとのことでしたが、結果的に再度不正アクセスを受けており、対策の不十分さが露呈する事となりました。

同館では今回の再被害を受けて、メールサーバの設定を変更し、サーバの監視強化をするとのことです。さらに外部の専門家を招きシステムの再構築を行っていくとしています。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?