2016年10月21日、米国内において、Twitter(ツイッター)やAmazon(アマゾン)など多くのネットサービスに、サイト接続が出来ないなどのシステム上のトラブルが発生し、サービスが一時停止に陥る事象が相次いで起こりました。

トラブルが発生したネットサービスでは、米ダイナミック・ネットワーク・サービシズ(Dyn)のシステムを利用しており、Dynに対して継続的なサイバー攻撃(DDoS攻撃)が行われているものとみられています。

今回のサイバー攻撃により、何らかの障害が発生したネットサービスは下記です。

  • Twitter(ツイッター):短文投稿型SNSサービス
  • Amazon.com(アマゾン・ドット・コム):インターネット通信販売大手
  • PayPal(ペイパル):オンライン決済サービス
  • Netflix(ネットフリックス):動画配信サイト
  • Github(ギットハブ):ソフトウェア開発サイト
  • People(ピープル):芸能ニュースサイト
  • Airbnb(エアービーアンドビー):民泊サイト

Dynでは、サイバー攻撃の事実を確認後、一旦システム復旧が行われましたが、その後再び同様のサイバー攻撃を受け再度障害復旧の対応を行っているとのことです。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?