OS X向けトロイの木馬を展開か-ロシア政府と関係のハッカー集団

ニュースの概要

パロアルトネットワークスが、サイバー攻撃グループ「Sofacy」によるAppleのOS Xを対象とした新たなトロイの木馬型マルウェアを発見したという。

同マルウェアは「Komplex」と名付けられ、ファイルのダウンロード・実行・削除ができるほか、コマンド アンド コントロールサーバと接続して外部へデータを送信する機能を持つという。

同社は、MacKeeperのアプリケーション内の脆弱性を利用して感染を広げていたと分析し、端末の利用者へは感染に気づかないようプレビューアプリからPDFファイルを開く機能を備えていた他、Googleに対するリクエストを行い、レスポンスがあるまで活動を行わないといった機能を持つという。

同マルウェアの標的情報については入手できないというが、航空宇宙業界の個人を対象とした攻撃、およびトロイの木馬を配信するためにMacKeeperのエクスプロイトを悪用した攻撃で使用されていると見られる。

Sofacyとは?
Sofacyとは、ロシアの政府からの支援を受けて活動するサイバー攻撃グループで、「APT28」「Sednit」「Fancy Bear」「Tsar Team」「Pawn Storm」としても知られている。
少なくとも2007年より、他国の政府や軍、安全保障機関などに対しての活動が確認されており、最近では世界反ドーピング機構(WADA)に対する攻撃を行ったとして知られている。

関連リンク
パロアルトネットワークスによる報告

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?