ニュースの概要

新潟県十日町市は、2016年9月5日、同市の第三セクター、有限会社湯米心(ユーマイハート)まつのやまが管理している松之山温泉スキー場の管理事務所で使用していたファイルサーバにおいて、サーバの設置不備によって個人情報が閲覧可能な状態に続いていた事を明らかにした。

問題のサーバ内には、同市指定の管理施設に関する個人情報が907件、またスキー大会やイベントに関する個人情報が519件、計1,426件が管理・保存されていたという。

その後の対応

8月30日、外部からの情報提供があり調査したところ、2015年12月の導入時からサーバに対するアクセス制御設定を初期状態のまま使用していたために、外部からの閲覧が可能な状態が続いていた事が判明。

指摘を受けた翌31日には制御設定を変更し、外部からの接続を遮断、対象となる関係者には、謝罪の書面を送付するとしており、また現時点では、個人情報のインターネット上への流出やそれらを悪用したという報告や確認は無いという。

関連リンク
十日町市ホームページ
十日町市による報道資料

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?