消費者関連専門家会議、不正アクセスでホームページを閉鎖していた|サイバーセキュリティ.com

消費者関連専門家会議、不正アクセスでホームページを閉鎖していた



画像:公益社団法人消費者関連専門家会議より引用

公益社団法人・消費者関連専門家会議は2022年12月15日、同会のホームページが第三者によるサイバー攻撃を受けていたと明らかにしました。

説明によると、同会は外部からの不正アクセスが確認されたことにより2022年11月25日よりホームページの休止措置を講じていました。その後、外部専門家の協力のもと、復旧およびセキュティ強化等の対策を講じることに成功したため、公開再開を決定しました。

同会はサイバー攻撃の影響について現時点で個人情報等の流出は確認されていないとしています。ただし、公表すべき重要な事項が判明した場合、別途公表する形になるとのこと。今後はセキュリティ対策および監視体制の強化により再発防止に努めるとしています。

参照ホームページ再開のご報告




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。