市立中学校生徒200名の個人情報記録したUSBメモリを紛失、足利市|サイバーセキュリティ.com

市立中学校生徒200名の個人情報記録したUSBメモリを紛失、足利市



栃木県足利市は2022年12月9日、市内の市立中学校に勤務する教諭が生徒200名の成績等を含む個人情報が記録されたUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

足利市によれば、教諭は2022年12月3日、部活動大会に参加するため生徒の個人情報を個人用USBメモリに記録し、大会運営に提出しました。ところが2022年12月4日、自宅にてUSBメモリの紛失に気付きました。

報告を受けた学校は事実関係を把握したものの、公表時点で発見には至っていないとしています。足利市では学内で個人用のUSBメモリの仕様を禁じており、同校は2022年12月9日、全校集会及び保護者会にて事実を説明、謝罪しました。

参照個人情報入りUSBメモリ紛失 栃木・足利市の中学校教諭




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。