きらめきプラザのネットワーク機器がサイバー攻撃被害、流出連絡受け発覚|サイバーセキュリティ.com

きらめきプラザのネットワーク機器がサイバー攻撃被害、流出連絡受け発覚



岡山県は2022年11月27日、岡山県が所有し管理を委託する地域福祉総合拠点施設「きらめきプラザ」の入居団体が共用してるネットワーク機器がサイバー攻撃を受け、管理用IDやパスワードが不正変更されたと明らかにしました。

情報によると不正アクセスは2022年11月25日、岡山県警より「パスワードなどが流出している」と連絡を受け発覚しました。これを受けきらめきプラザに設置されていた機器を調査したところ、ファイアーウォールの管理者用IDやパスワードが不正に変更されている事実が判明しました。

攻撃の対象となったのはきらめきプラザに入居する福祉団体など合計23団体が使用していたネットワーク機器です。岡山県は対策として、ネットワークのソフトウェアを更新し、IDやパスワードも設定しなおすなどの対応を実施。

今後は早急な対応に努め、再発を防止するとしています。

参照岡山県「きらめきプラザ」不正アクセス発覚 入居団体共用のネットワーク機器で管理用ID、パスワード書き換え




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。