パナソニックがサイバー攻撃被害、情報流出の可能性|サイバーセキュリティ.com

パナソニックがサイバー攻撃被害、情報流出の可能性



画像:パナソニック株式会社より引用

パナソニック株式会社は2021年11月26日、同社のネットワークが外部からのサイバー攻撃を受けたことにより、社内で保有していた技術情報等の重要データが流出した可能性があると明らかにしました。

発表によると、同社では2021年11月11日に異常が検出されたとのこと。これを受け同社が調査を実施したところ、何者かが2021年6月22日から複数回にわたり、同社の社内ネットワークに侵入した痕跡が見つかりました。

なお、記事発表時点で原因は明らかにされていませんが、ファイルサーバーのアクセス権限が何らかの理由で盗まれた可能性があると指摘されています。

技術情報や取引先情報流出の可能性も

パナソニック株式会社によれば、攻撃を受けたネットワーク上には同社の技術情報や取引先の情報、従業員の個人情報などが含まれていた可能性があります。

記事発表時点で実際に情報が流出したと見られる動きはありませんが、同社は外部専門家の協力のもと、詳細な経緯や原因について調査を進めているとのことです。

参照当社ファイルサーバへの不正アクセス発生について/パナソニック株式会社




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。