福山市立大学がオープンキャンパス関連メールを誤送信、参加者のアドレス流出|サイバーセキュリティ.com

福山市立大学がオープンキャンパス関連メールを誤送信、参加者のアドレス流出



画像:福山市立大学より引用

福山市立大学は2021年7月20日、同大学が発信したオープンキャンパスに関連する電子メールにて誤送信が発生し、キャンパス参加申込者237名のメールアドレスが流出したと明らかにしました。

発表によると、大学は2021年7月17日および2021年7月18日に開催した「オープンキャンパス2021」に関係するアンケートメールを、参加申込者らに外部一斉メールとして送信しました。ところが、担当する職員が送信形式を指定する際、送信先のメールアドレスを非表示にするBCCとして発信すべきところを誤って「宛先」を指定し送信するミスを起こしたとのこと。

この結果、送信先となった参加申込者間でお互いのメールアドレスが表示される事態が発生したとのことです。

誤送信メールの削除を依頼、ダブルチェックによる防止へ

福山市立大学はアドレスの流出判明後、参加申込者らに個別に電子メールを送信し、謝罪および事態の説明を行いました。また、大学は申込者らに対して、誤送信メールの削除を依頼しているとのこと。

なお、大学は誤送信の経緯について、チェック体制の不備を認識。今後はメール送信前に送信担当者とは別の職員が内容を確認するダブルチェック体制を徹底することで、再発防止に努めるとしています。

参照メールの誤送信について(お詫び)




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。