サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

不正アクセスでカード情報3,812件流出か|システムファイブ

  • LINEで送る


画像:株式会社システムファイブより引用

株式会社システムファイブは2021年1月26日、同社が運営するオンラインショップ「システムファイブ オンラインショップ」が外部からの不正アクセスを受けたことにより、顧客クレジットカード情報最大3,812件が流出した可能性があると明らかにしました。

発表によれば、同社は2020年10月27日に同オンラインショップが何者かの不正アクセスを受けている事実を把握したため、オンラインショップおよびカード決済機能の停止を決定。

その後、第三者調査機関を通じて調査を進めたところ、不正アクセスによりオンラインショップの決済処理プログラムが改ざんされ、顧客が入力したカード情報が外部に流出するよう改ざんされていたほか、同社が個人情報を格納していたサーバーへの不正アクセスの痕跡も見つかったとしています。

新規入力者らの情報が流出か

株式会社システムファイブによると、今回確認された不正アクセスにより、最大3,812件のクレジットカード情報について、流出の可能性が生じています。

同社によると、流出の可能性がある対象者は、2020年7月20日~2020年10月27日にかけて同社サイトに新規クレジットカード情報を入力した人で、カード名義人名や番号のほか、セキュリティコードや有効期限も流出した可能性があるとのこと。一方で同社がサーバーに格納していた個人情報については、不正アクセスの痕跡こそあるものの、外部流出は確認されていないとしています。

同社は今後、再発防止策としてシステム移行などのセキュリティ対策を計画。また、クレジットカード情報の流出可能性対象者には個別に連絡し、経緯の説明と謝罪を進める方針です。

参照弊社が運営する「システムファイブ オンラインショップ」への不正アクセスによるクレジットカード情報流出に関するお詫びとお知らせ





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。