サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

福岡県警元巡査長、依頼受け警察内部で保管する個人情報を流出

  • LINEで送る

福岡県警はこのほど、県警本部に勤務する30歳の男性巡査長が職務上知り得た情報を外部に流出させた疑いがあるとして、地方公務員法違反の疑いで書類送検したと明らかにしました。

情報によると、容疑者となった巡査長は知人の40代の男性から依頼を受け、2020年3月にある人物の氏名や住所などの情報を流出させた疑いがあるとのこと。依頼を受けた男性巡査長は警察関係の内部端末を利用するなどして依頼対象の氏名などを調べ上げ、流出させた疑いが持たれています。

なお、情報の流出については関係者から通報があり発覚。容疑者の巡査長は2020年3月に自主退職しているとのことです。

機微情報の流出可能性も

警察組織には氏名や住所などのデータの他に、捜査線により浮上した容疑者のデータや証拠情報など、いわゆる機微情報とされるデータも含まれています。
福岡県警は記事発表時点で、今回の事案による機微情報の発表をしていませんが、この巡査長は職務上知り得た情報に手を出しているため、危険性は十分にあったものと見られます。

なお、逮捕された巡査長は容疑をおおむね認めているとのことです。

参照“個人情報を漏えい”福岡県警が元巡査長を書類送検

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。