サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

サイト情報を外部から書き換えられ、顧客カード情報1,128件流出か

  • LINEで送る

画像:株式会社 仮説社より引用

株式会社 仮説社は2020年10月15日、同社が運営するオンラインショッピングサイト「Kasetusya ONLINE SHOP」が何者かのサイバー攻撃を受けたことにより、同サイトで過去入力されたカード情報1,128件について、流出した可能性があると明らかにしました。

仮説社によると、同社のサイトにはセキュリティ上の脆弱性が内在しており、攻撃者がこれを利用して外部からカード情報が不正流出するよう書き換えていたとのこと。

被害は不正を検出したカード会社から通知を受けた同社が2020年7月10日に決済システムを停止したことにより止まりましたが、2019年9月3日~2020年7月10日にかけてカード情報を入力したユーザーについて、不正利用の可能性が生じたとの認識を示しています。

公開遅れは混乱避けるためか

仮説社の発表によると、同社は2020年7月10日にはカード会社から情報流出可能性の指摘を受けていたほか、2020年9月9日には第三者調査機関から脆弱性に関する報告を受けていたものと見られます。

ところが、同社が被害を公表したのは2020年10月15日。カード会社より指摘を受けてから約3か月が経過した後です。一般に、クレジットカード情報など流出被害が懸念される事案は、早急に公表するのが望ましいとされています。

ただし、同社は公表が遅れた点について、この点について「正確な状況を把握する前に公表すると、いたずらに混乱を招きかねない」と説明。対応準備を整えてから公表に踏み切ったとの認識を示しています。

なお、同社によると、今回の不正アクセス被害の内訳は次のとおりです。

参照不正アクセスによるお客様情報流出に関するお知らせとお詫び

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。