サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

安易なパスワード原因で不正ログイン被害、岡山大学で迷惑メール約1万4千件発信か

  • LINEで送る

画像:国立大学法人岡山大学より引用

国立大学法人岡山大学は2020年10月8日、同大学のメールアカウントが外部からの不正アクセスを受けたことにより、合計約1万4千件の迷惑メールを発信する事象が確認されたと明らかにしました。

岡山大学によると、被害を受けたメールアカウントは同大学が使用していたもので、外部クラウドサーバー上で運用されていました。ところが、問題のメールアカウントのパスワードは容易に推測できるものであったため、攻撃者が不正ログインする事象が発生。

サーバー提供側の通知を受けた同大学が確認したところ、不正侵入した攻撃者は2020年7月28日~2020年9月26日にかけて複数回の不正ログインを仕掛けたほか、合計14,666件の迷惑メールが発信するなどしていた事実が明らかになったとしています。

安易なパスワード設定が原因か

岡山大学は今回の不正ログインへの対策として、外部クラウドサーバーのメール機能を停止する措置を講じています。

また、不正ログインの直接的な要因となった「安易なパスワード設定」への対策としてパスワード管理を徹底するよう指示。情報セキュリティ教育を強化する目的から緊急セミナーの開催を発表するなど、組織全体のセキュリティ水準を引き上げ、流出リスクを抑止する動きに出ています。

参照不正アクセスによるフィッシングメールの送信に関するお知らせとお詫び

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。