サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

宛先設定の入力間違いで74名のメールアドレス誤送信|内閣官房オリパラ事務局

  • LINEで送る

画像:内閣官房より引用

内閣官房は2020年10月2日、東京オリンピック競技大会・パラリンピックに向けて都道府県担当者に向けて発信した電子メールを誤送信し、各都道府県の担当者74名が使用する公用メールアドレスを誤送信したと明らかにしました。

電子メールは官房内オリパラ事務局から発信されたもので、官房担当者が宛先設定の入力間違いを起こしたことにより起きたもの。

内閣官房の発表によると、官房の担当者が都道府県担当者に向けて電子メールを一斉送信しましたが、本来送信先のアドレスを他の送信先が閲覧できないように「BCC」とすべきところを誤って「TO」にして送信したとしています。

担当者に謝罪を発表

内閣官房によると、担当者による誤送信発覚後、官房側は都道府県の各担当者に謝罪と経緯説明する対応を取りました。

同様の事例を避けるため、今後はメールの誤送信を防止するための機能を利用するよう周知徹底を図るとのこと。合わせて、ダブルチェックによる流出対策を進めるともしています。

参照内閣官房オリパラ事務局におけるメールアドレス取り扱いの不備について

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。