サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

フィッシングメールにひっかかり、顧客情報など500件強流出か│ダイワボウアドバンス株式会社

  • LINEで送る

画像:ダイワボウアドバンス株式会社より引用

服飾小売店やオンラインショップなどを運営するダイワボウアドバンス株式会社は2020年9月30日、同社がフィッシング詐欺被害を受けたことにより、過去同社商品をインターネット注文したユーザーなどの個人情報約500件強について、外部流出の可能性が確認されたと明らかにしました。

ダイワボウアドバンス社によると2020年9月11日、同社の端末があるサービスに偽装したフィッシングメールを受信したことにより、流出可能性発生のきっかけとなりました。

メールを閲覧した担当者はこれを正規のサービスを誤認し、パスワード及びメールアドレスを入力ましたが、事案発生から約2時間半後、入力したサービスが正規のサービスではないと判明。その後、同社がメールサーバー管理会社などの協力を得て調査したところ、攻撃者の不正閲覧による情報流出の可能性が明らかになったとしています。

カード情報の流出はなし

ダイワボウアドバンス社によると、フィッシングメールの影響により、2020年8月27日~2020年9月11日にかけて、インターネット注文したユーザーや注文に関連して電子メールのやりとりをしたユーザーについて、情報流出の可能性が生じています。

同社によると、流出対象は氏名や住所、電話番号にメールアドレスなどの個人情報。ただし、クレジットカード情報などは含まれていないとしています。

なお、記事発表時点で流出情報を悪用した二次被害などは確認されていないとのこと。同社は今後、再発防止に向けて情報管理体制を強化するとしています。

参照個人情報流出可能性のお詫び

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。