サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

米国司法省がウーバー元CSOを不正アクセス隠ぺいの疑いで起訴

  • LINEで送る

米国司法省はこのほど、2016年に米国ウーバーテクノロジーズを襲った不正アクセスによる個人情報流出問題に関連して、同社元CSOのJoe Sullivan氏を司法妨害の罪で起訴する方針を打ち出しました。

同社が拠点を置く米国カリフォルニア州では、不正アクセス事案が発生した場合、企業側に公表義務が課されています。

ところが、同省によると、Joe Sullivan氏は2016年に発生したサイバー攻撃被害により、同社が保有する5,700万人分の個人情報が犯人の手に渡ったことを知りつつ、約1年間も隠ぺいしていた疑いがあるとのこと。また、同氏は犯人ら2名と交渉し、情報と引き換えに金銭を支払い、事案の公表を隠匿した可能性が指摘されています。

支払金の名目で認識差

ただし、記事発表時点で検察とJoe Sullivan氏の間には、事案について認識の差があるものと見られます。

特に問題となっているのは、Joe Sullivan氏が支払ったとされる金銭の支払い名目です。

検察は同氏がハッカーらに支払った金銭について、いわゆる「もみ消し料」として捉えていますが、Joe Sullivan氏は金銭の支払いについて「バグ発見奨励金」との認識を示しています。

参照米司法省、Uberの元CSOを起訴–5700万人分の情報漏えいを隠ぺい

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。