ウェスティンホテル大阪ECサイトが不正アクセスで情報流出か|サイバーセキュリティ.com

ウェスティンホテル大阪ECサイトが不正アクセスで情報流出か



画像:ウェスティンホテル大阪より引用

国際ホテルグループ・マリオットインターナショナル傘下のウェスティンホテル大阪は2020年8月28日、同ホテルの運営する「ウェスティンホテル大阪 オンラインショップ」が何者かの不正アクセスを受け、同サイトを過去に利用したユーザーの一部のクレジットカード情報1,039件が流出した可能性があると明らかにしました。

同社によれば2020年5月29日、同社サイトと取引関係にある一部のクレジットカード会社より「顧客カード情報についての流出懸念」の通知を受け、疑惑が浮上。

これを受けた同社が第三者機関を通じて調査を進めたところ、同社オンラインショップの決済システムがサイバー攻撃により改ざんされており、流出の可能性が明らかになったとしています。

カード情報流出の可能性も他の個人情報は安全か

ウェスティンホテル大阪によると、今回の不正アクセスで被害の可能性が生じたのは、2019年5月6日~2020年5月17日の期間中にオンラインショップでカード決済を済ませたユーザー最大1,039名です。

対象ユーザーについては、名義人の名前やカード番号などに流出の懸念が生じていますが、一方で漢字氏名や住所・電話番号などのデータが格納されているサーバーは被害の痕跡が見つからず、安全性も確認が取れたとの報告をしています。

なお、同社は今回の事案を受け決済セキュリティシステムの改修を決定。同オンラインショップでのカード決済機能再開は、改めて発表するとしています。

流出対象となったカード情報の内訳

対象者 期間中に対象ショップでカード決済したユーザー
期間 2019年5月6日~2020年5月17日
件数 最大1,039名
内訳 カード名義人名、カード番号、有効期限、セキュリティコード

参照不正アクセスによるクレジットカード情報流出に関するお詫びとご報告/ウェスティンホテル大阪




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。