サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

愛知県グローバルスタートアップ育成事業、再委託先で個人情報誤送信

  • LINEで送る

画像:愛知県より引用

愛知県は2020年8月26日、米国テキサス大学と連携して進めるグローバルスタートアップ育成事業「あいちオースティン・イノベーション・キックスタートプログラム」に関連した電子メールに誤送信が発生し、プログラムの一部であるウェブ研修への参加を希望する25名のメールアドレスが流出したと明らかにしました。

愛知県は同事業を委託先のトーマツ名古屋事務所を通じて、テキサス大オースティン校に再委託しており、誤送信はこのテキサス大オースティン校に所属する事務担当者が起こしたもの。

事務担当者は参加希望者らにウェブ研修の日程と参加IDを伝えるメールを送信しましたが、この際に全参加者のアドレスが記載されたエクセルファイルを添付したとしています。

情報削除せずにファイル添付

愛知県は今回の事案の原因を「他の参加者のメールアドレス等を削除しないままエクセルファイルを送信した」としています。

エクセルファイルの添付は予定された作業であるものの、送信前に個人情報を削除すべきで、これを確認不足から怠ったものと見られます。

なお、県は事案による被害者に謝罪を表明。委託先のトーマツ名古屋事務所も電話で経緯の説明を進めているとしています。

参照あいちオースティン・イノベーション・キックスタートプログラム参加者の氏名及びメールアドレスの流出について 愛知県

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。