サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

アイテックが不正アクセス被害でユーザー情報流出の可能性

  • LINEで送る

画像:Yahoo!ニュースより引用

株式会社アイテックは2020年8月19日、同社が運営するウェブサービス「アイテックストア」が何者かのサイバー攻撃を受け、同社サービスを利用した顧客情報が流出した可能性があると明らかにしました。

同社によると、サイバー攻撃は海外IPからのもので、複数回発生していたと判明。

このため、同社は接続元からのアクセスを遮断し、警察当局などに報告する措置を実施。被害可能性のあるユーザーについて、個別に連絡を取る方針を示しています。

カード情報は流出なしか

アイテック社によると、今回の事案で流出の可能性が生じているのは、2016年6月13日から2020年8月14日にかけて同社ストアで商品を購入したユーザーです。

流出情報の内訳は氏名や住所、メールアドレス、ログインIDのほかに、購入商品や支払い方法などの取引情報。ただし、同社はクレジットカード情報やパスワードの流出は否定しています。

参照【重要】「アイテックストア」への不正アクセスによる 情報流出の可能性について/株式会社アイテック

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。