LINE公式アプリが改ざん被害、高校生ら2名が逮捕される

警視庁は2020年6月27日、大手SNSサービスのラインに内在する脆弱性を利用した不正アクセスを実施した容疑で、それぞれ東京都世田谷区・埼玉県川越市に住む16才と19才の少年を逮捕したと明らかにしました。

警視庁サイバー犯罪対策課によると2人はラインのセキュリティ的な脆弱性を利用して、ラインの画像サーバーに不正侵入。その後、ラインの公式アカウントや特定個人のプロフィール画像を全く関係のない著名芸能人の画像に差し替えるなどした疑いがもたれているとのことです。

ゼロデイ攻撃で不正侵入

容疑となっているサイバー攻撃は、発見された脆弱性に対して企業側が対応する前に攻撃を仕掛ける、「ゼロデイ攻撃」と呼ばれるものです。

逮捕された少年らによると、少年らが攻撃を実施した2019年8月31日には、別のルートからラインの脆弱性を指摘する情報が流出しており、少年らはこれを利用して不正アクセスを仕掛けたと供述しています。

なお、2人は犯行の動機について、「試してみたかった」などと供述しているとのことです。

参照LINEサーバーに不正接続 容疑の高校生ら書類送検

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?