サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

標的型フィッシングメール被害、顧客アドレス流出の可能性|マウスコンピューター

  • LINEで送る

画像:【重要】標的型攻撃メールによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/マウスコンピューターより

BTOパソコンメーカー大手のマウスコンピューターは2020年5月13日、同社に対するフィッシングメールによる影響から、顧客および取引先のメールアドレスに流出の可能性が生じていると明らかにしました。

同社によれば、攻撃は特定の組織や団体を狙う標的型攻撃よるものと確認されたが、アドレス以外の流出項目については調査中。具体的な文面などは明らかにされていませんが、標的型フィッシングメールの事例としては過去、実在する内部関係者や業務委託先の担当者を名乗ったり、関係者でなければ知りえない情報を持ち出し、府政ファイルへ誘導する手口などが起きています。

関係先には個別に連絡

マウスコンピューターは今回のインシデントに伴い、流出した可能性のある顧客や取引先に、個別に連絡する方針を示しています。

また、マウスコンピューター側は、今後発生が予測される、同社を装った不審なメールに注意するよう呼びかけを実施。「現時点で二次被害等は確認されていない」としているものの、不審な事例が発生した場合は、担当窓口に問い合わせるよう呼び掛けています。

参照【重要】標的型攻撃メールによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/マウスコンピューター

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。