サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

新型コロナ「10万円給付」に便乗のフィッシング詐欺を確認、今後増加の可能性



画像:特別定額給付金/総務省より

姫路市消費生活センターはこのほど、2020年4月に中央政府が公表した全国民への10万円給付に関連した、フィッシング詐欺メールが確認されたと明らかにしました。

情報によれば2020年4月17日、市内に住む60代の男性のメールアドレスに、「市役所への申請手続きを代行する」などと勧誘するメールが確認されたとのこと。政府による10万円給付はメール発信時点ですべての内容が決まっておらず、「詐欺の可能性がある」との認識を示しています。

相次ぐ新型コロナ関連メール

今回の新型コロナウイルスをめぐっては、世界的な流行を見せていることもあり、多くのサイバー犯罪やフィッシング詐欺が確認されています。

過去には、政府を装った注意喚起情報を発信しリンクサイトへの移動を狙ったものや、大手通販業者を名乗りマスク販売の偽広告を送信するなど、不安におびえる消費者の心理を狙ったメールが相次いで発生しました。

こうした相談を受け付ける国民生活センターでは、複数の被害事例を公表し「鵜呑みにしないように」と注意を呼び掛けている状況です。

参照新型コロナ「給付金10万円」狙う詐欺か 「役所への申請代行」勧誘の不審メール/Yahoo!ニュース





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。