メール誤送信で納税者のメールアドレス200件流出か│天童市|サイバーセキュリティ.com

メール誤送信で納税者のメールアドレス200件流出か│天童市



画像:天童市より

山形県天童市は2020年2月、ふるさと納税寄付者に対する外部一斉メールにて誤送信が発生し、納税者のメールアドレス200件が流出したと明らかにしました。

市によると担当職員は2020年2月14日、納税者らを対象にしたアンケートメールを送信。ところが宛先が同報者間のアドレスを表示する「To」になっている事実に気づかないまま送信したため、外部流出が生じたと説明しています。

なお、全国自治体の多くは外部一斉メールを送付する際、「BCC」設定にすべきと推奨しています。

送信後ただちに謝罪

誤送信メールは担当職員が送信直後に気づいたたため、すぐに発覚しています。職員はただちに流出対象となる納税者らに経緯の説明とメールの削除を要請する対応を取りました。

天童市はインシデントについて、謝罪を表明。今後は外部一斉メールを送信する際、情報流出につながる部分の有無を複数名でチェックする方針です。

参照ふるさと納税者の情報流出・メールアドレス200人分 BCCの設定行わず 山形・天童市/Yahoo!ニュース




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。