社内端末がマルウェア感染、顧客や取引先に不正メールか|株式会社ライフ

画像:ウイルス感染と感染に伴う不審メール発生に関するお詫びとお知らせ/株式会社ライフより

株式会社ライフは2020年1月27日、社内のパソコン端末がマルウェアに感染した影響で、端末内に記録されていた顧客や取引先のメールアドレスや送受信履歴が、外部に流出したと明らかにしました。

流出の原因は、同社が2020年1月17日に受信した1通の不正メールです。メールは実際の社内のやりとりを含んだもので、ファイルが添付されているものの、実はマルウェアへの感染を促す不正なもの。同社はインシデント発生後に実施した、調査によりマルウェアを検出し、セキュリティ対策を進めています。

顧客や取引先に迷惑メール

インシデント発生後、被害端末に記録されていた顧客や取引先に対して、不正メールが発生している状況です。メールの内容は同社や関係部署を装うもの。リンクや添付ファイルが付記されるケースも確認されています。同社は影響を受けた顧客らに謝罪を表明するとともに、リンクや添付ファイルを開かないよう注意喚起。

同社から添付ファイルを含むメールを送付する際は、電話やFAXで別途連絡する対応を発表しました。

参照ウイルス感染と感染に伴う不審メール発生に関するお詫びとお知らせ/株式会社ライフ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?