不正アクセス被害で顧客アドレスに不正メール、流出懸念も│株式会社東京企画

画像:メールアドレス流出についてのお詫びと対応のお願い/株式会社東京企画より

株式会社東京企画は2020年1月16日、ウェブサイト「CM総合研究所」にて同社メールアカウント1件が外部からの不正アクセスを受け、登録されていた顧客メールアドレスが流出したと発表しました。

同社によるとインシデントは2020年1月16日、取引先企業に向けたメールについて、同社従業員を装った不審なメールが送信されたことにより発覚しました。不正メールには「Access to View File」とファイルへのアクセスを促す記載があり、同社は注意を呼び掛けています。

再発防止に向け詳細調査へ

東京企画社はインシデント発覚後、不正アクセスの経路を遮断するなど、セキュリティ対策を講じています。発表では不正アクセスの手口や原因・被害規模等が明らかにされていませんが、同社は今後、詳しい原因等を調査する方針です。

参照メールアドレス流出についてのお詫びと対応のお願い/株式会社東京企画

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?