サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

人事情報など167万件を不正閲覧、男性職員を停職及び降任処分|長崎県

  • LINEで送る

長崎県は2019年12月25日、職員に貸与されたパソコン端末を悪用し、別の職員の情報を不正に情報を閲覧した疑いで、同県に勤務する男性係長を停職1か月および降任に処したと明らかにしました。

県の調査によると男性係長は、2017年ごろから2年間にわたり、部長級を含む95名のアカウントに合計約500回程度ログイン。人事情報など各部署の情報167万件を、不正にコピーするなどしていました。男性は県の聞き取り調査に対して「異動先の業務に不安があった」などと話し、外部への流出については否定しているとのことです。

パスワードの複雑化を決定

長崎県は今回の不正アクセスを受け、今後は再発防止に向けて、各職員のパスワードをより複雑なものに変更する方針を明らかにしました。

同県によると、不正ログインを受けたアカウントについては、IDやパスワードが初期設定のままであった例もみられるとのこと。男性係長は内部に勤務する職員であったことから、推察は容易であったものと考えられます。

参照不正アクセス 県職員停職処分/NHK NEWS WEB

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。