ホームページ更新ミスで顧客情報1万7,386件を誤掲載|JA横浜

画像:顧客情報流出に関するお詫びとお知らせ/JA横浜より

JA横浜は2019年12月17日、ホームページ更新作業のミスと思われる要因により、同組合が保有する顧客情報1万7,386件を記載した資料について、外部流出した可能性があると明らかにしました。

問題の資料はインターネット上で特定の操作をすることで、誰でも閲覧できる状態にあったとのこと。いっぽうで、通常の操作では閲覧できないものとも説明しています。対象者は貯金取引のある顧客のうち、ローマ字もしくはカタカナ表記のある顧客です。組合によると、問題の資料は2019年10月1日~2019年12月13日の約2か月半の間、流出状態にあったと見られています。

氏名などの他に一部預金情報も流出か

組合側は記事発表時点で、既にホームページ上の設定を修正、該当情報の削除を完了しています。合わせて、今後は影響を受けた顧客について、職員が訪問等にて説明する方針を検討しているとのこと。

なお、組合が明らかにした流出情報は次の通り。氏名や住所の他に、取引開始日など一部金融情報も含まれています。

発生期間 2019年10月1日~2019年12月13日
件数 1万7,386件
内訳 管理店舗名
顧客番号
氏名
住所
電話番号
取引開始日

参照顧客情報流出に関するお詫びとお知らせ/JA横浜

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?