決済フォーム改ざんでカード情報983件流出の可能性|イオンスポーツ

画像:イオンスポーツより

株式会社イオンスポーツは2019年11月14日、同社が運営するオンラインサイト「ゼロフィット公式オンラインショップ」が何者かの不正アクセスを受けたことにより、顧客クレジットカード情報983件に流出の可能性が生じていると明らかにしました。

インシデントは2019年7月16日、決済代行会社からイオンスポーツ社にカード情報流出に関する通知が入ったことにより発覚。同社が第三者調査機関に依頼したところ、2019年9月16日に調査が完了。調査結果からサイトの決済フローが一部改ざんされるなどの被害が確認され、顧客に謝罪と注意を呼び掛けています。

原因はシステムの脆弱性か

不正アクセスの原因は、サイトに内在していたシステム的な脆弱性です。同社が明らかにしたところによると、攻撃者は脆弱性を利用してサイト内部に侵入し、決済フローを改ざんしていました。

同社は現在、カード決済機能を停止し、セキュリティ対策を進めていますが、攻撃により2015年1月1日~2018年7月24日の期間中にサイト上でクレジットカード取引した顧客について、情報流出の可能性が生じているとのことです。

なお、被害発生から発表までの間に4か月近く経過していますが、同社はこれについて、「混乱を避けるため、必要な対応準備を整えてからの発表」と判断したと説明しています。

参照【重要】弊社が運営する「ゼロフィット公式オンラインショップ」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社 イオンスポーツ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?