イベント関連メール誤送信で個人情報流出|愛知県

画像:陶磁美術館主催事業参加者の個人情報の流出について/愛知県より

愛知県は2019年10月1日、県が親子向けイベントとして開催した陶磁美術館主催事業「子供工芸講座-親子で茶器をつくってみよう!」参加者らにメールを送信する際に、参加者の親子1組の個人情報が記載されたメールを、15組に送付したと明らかにしました。

愛知県によると、原因は変則的な返信作業と確認ミス。職員は2019年9月30日、参加者ら15組にイベントで制作した美術品の引き取りを依頼するメールを送付する際、ある参加者から受信したメールに返信する形式で一斉送信メールを制作。さらに返信部分に個人情報が記載されている点を確認しないまま、15組に送付し、情報流出が発生した形です。

受信者から指摘が入り発覚

愛知県に取材したところ職員はメール送信当時、誤送信に気付いていませんでした。担当者が誤送信メールを送信したあと、受信者から「個人情報が記載されている」と指摘があり、インシデントが発覚したというもの。愛知県によると館内は情報管理ガイドラインにて、外部メール送信時はダブルチェックするよう定めていましたが、今回の事例では機能しなかったと説明しています。

なお、愛知県は過去、外部委託先のメール誤送信による情報流出について「ダブルチェックを徹底するように」と指示を出しています。

関連記事愛知県委託先法人が誤送信、イベント参加者ら25件のメールアドレスが流出
参照陶磁美術館主催事業参加者の個人情報の流出について/愛知県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?