産学官民によるサイバーセキュリティ共同対応訓練|山口大学工学部

山口大学工学部で2019年9月26日、サイバーセキュリティへの対応力向上を図った産学官民による初の共同対応訓練が開かれました。

通信事業者や金融機関に加えて、警察関係者や大学生・IT企業などさまざまな人材・組織が訓練に参加。各人がチームを組み、仮想的なサイバー攻撃からの防御技術を競い合いました。

仮想ECサイトを守る訓練を実施

訓練の内容は、4人~5人のチームで45分間ほど仮想のECサイトを運営し、迫りくるサイバー攻撃から守りつつ、売上を競うというものです。

攻撃の種類も多様であり、サイトにログインできなくなったり、一部データを書き換えられるなどの事象が発生。いずれも実際に発生しているサイバー攻撃を模しており、チームで役割分担をして、攻撃に対処するといった訓練が行われました。

訓練に参加した大学生らは、今後の知見や就職に役立てたいと語っています。

参照産学官民による初のサイバー攻撃共同対応訓練 宇部/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?