外部委託先が標的型メール被害で資料6点など流出の疑い│近畿地方整備局

画像:近畿地方整備局業務受注者における情報流出の疑いについて/国土交通省近畿地方整備局より

国土交通省近畿地方整備局は2019年8月20日、局の電気通信施設保守業務を委託する株式会社ケーネスが標的型メール攻撃を受け、不正アクセスおよび情報流出の可能性があると明らかにしました。

同局によるとケーネス社内部で標的型メールを開封する事案が発生。さらに警視庁より「情報流出の疑いがある」と連絡を受けて事態を把握。

局と情報共有し、資料内容などを精査したところ、保守・点検に関する近畿地方整備局の資料など合計6点が含まれていたと明かしています。

個人情報の流出はなし

近畿地方整備局は2019年8月19日、ケーネス社より連絡を受けています。

同局はケーネス社に対して、

・個人情報等の重要な内容が含まれていないこと
・流出した疑いのある資料による不正利用された形跡が確認されないこと

などを確認。記事発表時点でいずれも問題がないことを確認し、疑いのある情報は不正利用がされない対策を講じたと説明しています。

参照近畿地方整備局業務受注者における情報流出の疑いについて/国土交通省近畿地方整備局

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?