県立高校が学生情報274件を誤掲載│宮城県教育委員会

画像:宮城県教育委員会より

宮城県教育委員会はこのほど、仙台市に位置する県立宮城野高校の学生ら274件を誤って同校ホームページに掲載したと明らかにしました。

誤掲載は2019年7月8日~11日の約3日間にわたり発生。同校のホームページを閲覧した保護者の1人から指摘が入り、発覚したとのことです。

校長が決裁しながら流出発生

宮城県教委はインシデントの理由について、女性常勤講師がホームページの更新作業を進める際にアップロードファイルを誤った、としています。

女性講師は進路希望調査の結果を公表する作業をしていましたが、個人情報を伏せたPDFファイルを準備せず、個人情報が記載されたエクセルファイルをそのままアップロートしたとのこと。また、掲載は校長の決済を経たものでしたが、校長も気づかず。「チェックが甘かった」との認識を示しています。

参照宮城野高校が生徒の個人情報をHPに誤掲載/産経新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?