学校用メールアカウントで不正アクセス被害、迷惑メール大量送信|木津川市

画像:学校用メールアカウントの不正利用による迷惑メールの送信について/千葉県木津川市より

投稿内容に誤りがありました。修正し公開しております。

千葉県木津川市は2019年7月19日、市内の小学校のメールアカウントが何者かの不正アクセスを受け、不特定多数の迷惑メールを送信したと明らかにしました。

取材によると、被害を受けたのは木津川市立高の原小学校のメールアカウント。事案は2019年7月15日、メール受信者らから被害を訴える寄せられ、発覚したとしています。

原因などは調査中

木津川市はインシデント発覚後、迷惑メールの送信を停止する措置を取ったと明かしています。個人情報の流出は確認されていません。

ただし迷惑メールの送信数や不正アクセスの原因などは調査中と説明。今後は原因解明に向けて調査を進めるととともに、セキュリティ対策を強化するとのことです。

参照学校用メールアカウントの不正利用による迷惑メールの送信について/千葉県木津川市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?