リゾートトラストが個人情報895件を添付したファイルを誤送信

画像:リゾートトラスト株式会社より

ホテル事業を手掛けるリゾートトラスト株式会社は2019年7月18日、徳島県のホテル「エクシブ鳴門」にて895件の顧客情報を464名に向けて送付するインシデントが生じたと発表しました。

エクシブ鳴門の従業員が2019年7月18日の午前10時ごろ、顧客向けのメール配信を手配する際に、誤って顧客情報が記載されたファイルを添付。約2時間後、個人情報の流出に気付いた一部の顧客から連絡が入り、リゾートトラスト側が確認。これにより流出が明らかになりました。

メールの削除などを要請

リゾートトラスト社はインシデント発生後、流出対象となった895名の顧客に向けて、謝罪と連絡を実施しました。また誤送信メールを受信した464名の顧客について、事態の説明とメールの削除を要請している状況です。

同社は今後、再発防止策として個人情報を含むメールを扱う際の遵守事項を改めて従業員に周知徹底すると発表。今後も全従業員に対して、eラーニングなどによる情報セキュリティ教育を実施するとしています。

なお、同社より流出した個人情報は、下記の通りです。

  • 氏名
  • 法人名
  • メールアドレス
  • 会員番号
  • FAX番号
  • 会員権の種類

参照個人情報の流出についての 個人情報の流出についてのお詫び/リゾートトラスト株式会社より

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?