BITPoint仮想通貨流出の第二報を発表、新たに海外で約2.5億円の流出か│株式会社リミックスポイント

画像:(開示事項の経過)当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第二報)/株式会社リミックスポイントより

株式会社リミックスポイントは2019年7月14日、同社子会社ビットポイントジャパンによる仮想通貨流の出事案について続報を発表しました。

リミックスポイントは調査により、被害額を約30.2億円と発表。同社はこれまでの概算流出額を約35億円としており、修正した形です。なお被害額の内訳は顧客預かり分の通貨が約20.6億円と、同社保有分が約9.6億円分と説明。顧客預かり分の損失は、既に同様の仮想通貨にて調達を完了したとしています。

海外の仮想通貨交換所からも流出

一方で、今回新たに、ビットポイントジャパンがシステムを提供する海外の仮想通貨交換所においても、被害が発生したと明らかになりました。同社は詳細情報を調査中としながら、概算で約2.5億円の流出が見込まれると発表。ただし海外拠点は日本居住者からの口座開設は受け付けていないとのことです。

参照(開示事項の経過)当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第二報)/株式会社リミックスポイント

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?