誤送信で顧客メールアドレス7,676件が流出か|株式会社Looop

画像:『真夏の節電 大作戦2019、開始のお知らせ』メール誤送信によるメールアドレスの流出について 「第二報」/株式会社Looopより

電気小売業などを手掛ける株式会社Looopは2019年6月28日、同社実施のイベントに関するメールを顧客に向けて送信した際に、メールアドレス7,676件が流出したと明らかにしました。

流出の原因は委託先事業者による、メール配信システムの使用ミス。誤送信により、同報者のメールアドレスが閲覧できる状態で送付したとのことです。

詳しい経緯などは不明

株式会社Looopは記事発表時点で、流出の詳しい経緯などを調査中とし、詳しい情報は不明です。ただし同社は経緯について、追って発表するとの方針を示しており、今後続報が出るものと思われます。

参照『真夏の節電 大作戦2019、開始のお知らせ』メール誤送信によるメールアドレスの流出について 「第二報」/株式会社Looop

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?