不正入手したメールアドレスで電子マネー200万円盗み取る、容疑者ら4名再逮捕

埼玉県警は2019年6月27日、不正入手したメールアドレスを使用し、電子マネー(206万円相当)を盗み取った疑いで、東京都新宿区に住む会社役員の男性ら4名を再逮捕したと明らかにしました。

県警によると、男性らはフィッシングサイトなどで入手した他人のメールアドレスを悪用し、京都府の女性会社員に「2,900万円をもらってください」などと誘引。保証金が必要などと騙り、だまし取ったものと見られています。

組織的な犯行の可能性

県警は容疑者らを、会社役員の男性を中心に、組織的なものと見ています。容疑者らは特定の拠点を持たずバラバラに生活していましたが、ネット上で連携。指示役、送信役、だまし役など、各個役割を担当していた可能性があるとのこと。

また容疑者らは発覚を恐れてか、VPNネットワークを利用し、発信元を偽装。さらにメールブロックを防ぐために、妨害されにくいキャリア端末を使用するなど、巧妙な手口が見え隠れしています。

参照高所得の主婦装って大量にメール「2900万円もらって」…女性被害 詐欺容疑で男ら再逮捕/県警/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?