NASAのネットワークシステムがハッキング被害、セキュリティ体制に問題か

画像:CYBERSECURITY MANAGEMENT AND OVERSIGHT AT THE JET PROPULSION LABORATORY/NASAより

NASAの監察総監室は2019年6月18日、NASAのネットワークシステムが何者かのサイバー攻撃を受け、情報流出を起こしたと発表しました。

攻撃者はNASAのジェット推進研究所(JPL)ネットワークを標的に持続的にサイバー攻撃を繰り返し、小型デバイス「Raspberry Pi」から内部に侵入。火星探査の情報など、合計23ファイル・約500メガバイトあまりのデータを持ち出したと説明しています。

セキュリティ上の問題点など指摘される

今回のインシデント発生に伴い、監察総監室は「NASAのセキュリティ体制」に関する複数の疑念を挙げています。

これによると、NASAはインシデント発覚後、被害拡大を防ぐために各部門をJPLネットワークから切り離すなどの対策を取りましたが、「攻撃自体は2018年から持続的に発生していたものであり、NASAは気付いていなかった」とのこと。またセキュリティデータベースを最新のものにせず、システムの脆弱性も修正されないまま放置するなど、NASA側にも複数の懸念があったとしています。

参照CYBERSECURITY MANAGEMENT AND OVERSIGHT AT THE JET PROPULSION LABORATORY/NASA

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?